トップページ > オプション

オプション

様々な測定を可能に。タッキネス測定や特殊チャンバーなど、再現性を高める各オプションが充実


自動測定オートサンプラー


特殊チャンバーオプション


湿度制御オプション "Hygrometer"


フレクソメーター測定
(EPLEXOR2000N以上)


タッキネス測定


複素誘電率測定


測定ホルダー


転がり抵抗予測・任意波形作成


引張試験オプション


疲労試験オプション


クリープ・応力緩和測定


マスターカーブ


ヒステリシス解析


セグメントプログラム


マルチ周波数・温度分散測定

転がり抵抗予測プログラム(波形プログラム)

波形プログラム

標準の正弦波以外に予め用意された以下のパルス波、三角波、矩形波をサンプルに与え解析することが可能です。
◎三角波 ◎矩形波 ◎Half Sine ◎Sin2, ◎Blackmann ◎Blackmann-Harris など

波形参照例(Sinus Pulse) (Blackmann-Harris)

タイヤコンパウンドの転がり抵抗を予測する方法を紹介します。
プリディクティブ試験(タイヤ転がり抵抗の予測)と名付けられたこの方法ではパルス波をサンプルに与え、
データをヒステリシス解析することで転がり抵抗と相関性の高いtanδを得ることができます。
詳細につきましてはアプリケーションをご覧下さい。



任意波形プログラム

予め用意された複数の波形とは異なる、波形を任意に作成し測定します。
もともとは実走時にかかるタイヤの負荷解析において自動車の複数の位置に取り付けた加速度計から実走時の波形を
読み取り、同じ波形をサンプルに与える目的で開発されております。
特別な負荷の波形を再現できるGABOオリジナルのオプションです。

引張試験オプション

静的モーターのみを使用し圧縮・引張のいずれの方向にも対応する最大50mmストロークの引張試験を可能にします。動的粘弾性試験による弾性率・tanδのみならず様々な材料のSSカーブ(応力ひずみ曲線)を得ることができ、材料物性の多角的な評価が行えます。

疲労試験オプション

製品の耐久性を評価する試験では、より高い周波数を使用することで試験時間を短縮しながら同じ数の繰り返し負荷をサンプルに与えられます。GABO試験機の動的モーターを使用し、ホルダーを交換することで引張、圧縮、せん断、曲げ方向のモードの疲労試験を可能にします。疲労試験時のサンプル長さの変化に自動で追従し、常に一定荷重や一定ひずみの動的負荷を与えるよう制御します。
本試験オプションはイプレクサー500N以上の機種にのみ使用できます。
試験例はアプリケーションをご覧下さい。

クリープ・応力緩和測定

製品の長期間における物性の変化を評価するクリープ・応力緩和試験が行えます。
瞬時にサンプルに一定のひずみもしくはストレスを与えられるため、負荷直後の瞬時に変化するサンプルの短時間成分も逃さず捉えます。
試験例はアプリケーションをご覧下さい。