トップページ  > 製品ラインナップ > イプレクサー6000N/8000N

イプレクサー6000N/8000N

 
 

製品概要


ラインアップで最新のイプレクサー6000/8000Nシステムは、コンポーネントや炭素繊維強化樹脂の粘弾性測定を目的に設計されたシステムです。測定荷重はmNからkNオーダーの幅広い範囲を1台でカバーします。測定温度も-150℃から+1500℃に対応し、最大変位もシリーズ最大の100mmに対応します。

主な特徴

動的粘弾性の測定(DMA/DMTS, DMTS)では機械的な振動をサンプルに与え変形させます。変位と荷重の信号から弾性率やtanδなどの主要な粘弾性特性が得られます。サンプルの形状やアプリケーションにあわせ、引張、圧縮、曲げ、せん断の試験モードに対応します。
本装置はシリーズ最大となる6kN(8kN)の高い動的荷重を与えることができ、最大100mmの変位も可能にします。
イプレクサー6000/8000Nシステムは高荷重測定のみではなく、他のシリーズ同様に材料やコンポーネントの動的試験にも対応します。装置仕様により疲労試験、内部発熱試験、ブローアウト試験、タイヤの転がり抵抗試験やその他様々な試験に対応します。
様々な機能のオプションを装備することが可能です。例えば高温チャンバーであれば-150℃から+1500℃までの測定温度に可能にし、湿度制御オプションの装着により相対湿度5%から90%の環境下で粘弾性測定を行うことが可能です。
高機能タイプは全てのシリーズで独立した2つのドライブ(サーボモーターと導電式動的シェーカーシステム)を装備しています。2つのドライブは測定条件やアプリケーションにより、同時に稼働させたり、それぞれ独立して制御することも可能です。


◎レオロジー
◎粘弾性材料物性の解明
◎材料の動的試験
◎疲労試験
◎コンポーネントの動的試験

製品仕様

最大動的荷重 ±4000N
最大静的荷重 〜4000N
静的ひずみ制御範囲 0.005〜50mm
最大動的ひずみ 〜±5.0mm
分解能 0.04μm
オプションにて「高ひずみ」 ±3.0mm、 ±4.0mm、 ±6.0mm、 ±9.5mm、 ±25.0mmとの組み合わせも可能です。
周波数  0.0001〜100Hz(オプションでより高い周波数も可能です)
tanδ測定範囲 0.0001〜100
温度コントロール範囲 全機種共通標準 ー150℃〜500℃
等速昇温 0.2〜25℃/分(オプションにより〜50℃/分可能)
等速冷却 0.2〜15℃/分(オプションにより〜50℃/分可能)
温度プログラム 熱/冷却/保温。ステップ変温及び多重プラグラム可能
テストモード
標 準 ◎シングルポイント測定◎周波数スィープ◎温度・周波数スィープ◎静的/動的ひずみスィープ◎動的荷重/ひずみスィープ
解 析 ◎マスターカーブ作成機能を標準装備
オプション ◎シングルポイント測定◎周波数スィープ◎温度・周波数スィープ◎静的/動的ひずみスィープ◎動的荷重/ひずみスィープ
装置寸法(幅×奥行き×高さ) 1470×750×1910mm(本体:1110×790×1980)(キャビネット610×820×1550) 
重量 1820kg
所要電源(容量) 220VAC-3相(32A)

サンプルホルダー

引張

圧縮

3点曲げ

フィルム引張

Fiber/Tire Cord

片持ち3点曲げ

特殊引張

Penetration

特殊 3点曲げ

せん断

デュアルカンチレバー

片持ち3点曲げ

オプション

相対湿度5%〜95%の制御

製品が使用される温度・湿度は地域や季節により様々ですが、環境に影響を受けない安定した品質が求められます。
ネッチガボ社のハイグロメーターはお望みの温度と湿度(相対湿度5%〜95%)を測定チャンバー内で再現し、環境の変化による影響を明らかにします。

製品ラインナップ

動的粘弾性測定
イプレクサー25N〜500N
動的粘弾性測定
イプレクサー2000N/4000N
動的粘弾性測定
イプレクサー6000N/8000N
動的粘弾性測定
ガボメーター2000N/4000N